スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Bang & Olufsen / Beo4リモコン / B&O

Beo4

リモコンもさりげなく。。
こだわりたいアイテムですね。。リモコンも多種多様でありますが、国内にはないデザインが魅力のB&Oがやはり注目ですね。時代を超えて愛され続けるこのブランドはもう説明不要でしょう。以前、紹介したBeo5の前身でありますがリモコンのスタイルの基本を押さえてますね。。




Beo4


ここからはB&O HPより・・・

Beo4リモコンは、BeoLinkシステムの鍵です。Beo4は非常にシンプルなリモコンなので、暗い部屋でも操作でき、製品に狙いをつける必要がないくらいパワフルです。ひんやりとした亜鉛で成形されているため、手の中に心地よく収まります。

迷いが生じない操作性
内に秘めた多機能とは裏腹の、シンプルな操作性によって、Beo4はBang & Olufsenの世界を開く鍵となっており、BeoLinkシステムのインターフェースとして機能します。手触りのよい亜鉛で鋳造され、パワフルで正確なこのリモコンが1本あれば、すべてのBang & Olufsen製品がもつ全機能を操作することができます。さらには、1980年代に作られたBang & Olufsen製品とも"対話"できます。 たった1本のリモコンですべてが実行できることこそ、Bang & Olufsen製品を所有する最大の喜びだと言われているのも頷けます。

Beo4


体験を持ち歩き、分け合ってください
1本のBeo4で、テレビ、ラジオ、インターネットラジオ、ミュージックシステム、コンピュータに保存したファイルと音楽、さらにはハードディスクレコーダーやメディアセンターのコンテンツが操作できます。ベッドの中から指示を出し、リビングのプレーヤーにセットしたDVDの再生を開始させて、その映像を完璧なサウンドと共に寝室のテレビで楽しむことも可能です。思いつくほとんどのことを、Beo4は実行できますし、先進のBeoLiving Home Theatersを設置していれば、照明を暗くてカーテンを引くと同時に、シネマプロジェクターのスイッチを入れることもできます。(一部の機能は日本未発売)

これは、リモコンのスタイルの原点であり理想的なものとワタシは考えます。






ブックマークに追加する
スポンサーサイト
[ 2008/01/02 23:32 ] PRODUCT DESIGN | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crownarchitect.blog121.fc2.com/tb.php/96-5138a6f2




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。