スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BUZZ RICKSON'S(バズリクソンズ)N-3

BUZZ RICKSON'S N-3

ミリタリーものが好きで数年前から愛用しているコレ・・・

BUZZ RICKSON'SN-3」のご紹介です。。
アメリカが生んだ「フライトジャケット」を究極に再現したブランドはないと思ってます。

BUZZ RICKSON'Sブランドから実名ネーム『REED PRODUCTS,INC.』1945モデルの
N-3は第二次世界大戦中に極寒地用フライトジャケットとして開発されたB-9,B-11の
直系にあたるモデルでL-2と同一のオリーブドラム色のナイロンを使用、1945年に
採用されたフライトジャケットです。同時期に開発されたN-2より丈は長くウエスト部分
には風の侵入を防ぐアジャスターコードが取り付けられています。

タイプN-3はN-2シリーズ同様それまでにはどの
フライトジャケットにもなかったラグランスリーブを採用しており、運動性、機能性を
重視した作りはその後のN-3A,N-3Bへと受け継がれるようになります。

フライトジャケットの中でメジャーなN-3Bとの一番の違いは、カラーがオリーブドラム
(N-3Bはセージグリーン)である事はもちろんですが、袖にリブが表に出ている事や、
ウエストのアジャスターコードが表側についている事、オキシジェンタブにはホースハイドの
革を使用している事などが挙げられます。また、フード部分にはコヨーテファー&ムートンが
使用されている。(N-3Bはコヨーテファー&アクリルボア)

フード部分はコヨーテファーとムートンです。ムートンの肌触りはとても気持ちいいですw。
また、フロントジッパーには、クラウン社製スプリングカムロック式のジッパーを使用、
両ポケットの脇にはアジャスターの紐が付いており、ウエスト部分の調整できます。
N-3Bではこのアジャスターは内側についています。

N-3Bも持っていますが、スタイルは「N-3」がやはり好きですね。。
ボトムにも合わせやすく今年の冬も活躍してくれそうです。







【関連記事】
John Smedley / ジョン・スメドレー
MONCLER ROD / モンクレール ロッド
Welcome to Tiffany & Co.
whitehouse cox/ホワイトハウスコックス
Gloverall/グローバーオール

スポンサーサイト
[ 2007/10/12 07:51 ] FASHION | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crownarchitect.blog121.fc2.com/tb.php/8-6c529e56




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。