スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HOME ALONE / ホーム・アローン

HOME ALONE


この時期になると・・。。
なぜか思い出してしまう・・ そんな、記憶があります。。
ホームアローンは子供のクリスマス気分を盛り上げてくれる、良い映画ですね。ジョン・ウィリアムズの楽曲も脂がのりきった頃のノリの作品で、文句のつけようもなし。この映画作品ではお馴染みのクリスマス・ソングが効果的に使われており、ウィリアムズ作曲のクリスマス節(?)も絡まって、相乗効果的にクリスマスの雰囲気を盛り上げてくれます。

その中でも特筆すべきなのが、レスリー・ブリッカス (Leslie Bricusse) が作詞し、ジョン・ウィリアムズが曲をつけた "Somewhere In My Memory"。私は昔からてっきりこの曲は昔からあるクリスマスソングの名曲のアレンジかと思っていましたが、ホームアローンから生み出されたクリスマスソングだったわけですね。

『ホーム・アローン』シリーズ第1弾!!マコーレー・カルキンを一躍子役スターに押し上げたコメディ。カルキン君のカワイイ演技と、カルキン君と対決するドロボーのトコトン悲惨なマヌケ加減が最高に笑わせてくれちゃいますね。

あらすじはというと・・
ある一家が総出でパリに行くことになった。ところが息子のケビンだけは、出発のどさくさで、独り屋敷に取り残されてしまう。初めての一人暮らしに浮きたつケビン。そんなおり、留守だと思った二人組の泥棒が屋敷を狙ってきた。

HOME ALONE


ケビンは家を守るため、男たちの撃退作戦に出るが……。小さな子供が大の大人を翻弄するというタイプのコメディ映画は数多くあるが、その中でも本作はなかなかの出来ばえ。残酷スレスレの過激な撃退法がゲーム感覚で描かれており楽しめることは請け合いだが、J・ヒューズの製作・脚本だけにハートウォーミングな要素も忘れてはいない。主役のカルキン少年のおしゃまな演技も面白さの大きな要因だが、マヌケな泥棒役のJ・ペシ&D・スターンの魅力も忘れてはならない。なお、名コメディ俳優の故ジョン・キャンディが脇で出演して本作に彩りを加えていますね。

こんなものを見つけました・・

HOME ALONE


映画が台無しになりますが、アメリカンジョークということで・・
気がつけばクリスマスまで残り1週間ですね。。





スポンサーサイト
[ 2007/12/17 01:38 ] CINEMA | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crownarchitect.blog121.fc2.com/tb.php/79-b4ddfe40




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。