スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DANESE / ダネーゼ / ENZO MARI

DANESE


これは作品ですね。。
ペンスタンドもイタリア・工業デザイナー界の巨匠エンツォ・マーリの手にかかればご覧の通りです。ボトムエンドで左右に広がる直線と曲線を駆使したフォルムは安定感を醸し出すだけでなく、見る角度によってその表情を微妙に変えていきます。さらにいくつも並べれば、連続したまったく新たなフォルムを生み出すという計算し尽くされたデザイン。ペンスタンドとしては使うにはもったいない、商品というよりは作品と呼ぶにふさわしいアイテムです。

MARI


DANESEは、1957年にブルーノ・ダネーゼとその妻ジャクリーン・ヴォドツによって イタリア・ミラノに設立された日用品を主に扱う小さなショップです。1960年代には、「デザイン関係者はミラノを訪れるとDANESEに必ず立ち寄る」といわれるほど、イタリア・モダン・デザインにおいて重要な役割を担っていました。

DANESEがデザインの世界において、注目を浴び続ける理由。そこにはダネーゼ夫妻によるファッションとしての大量消費に舵を任せない、頑なまでの商品哲学がありました。「人間は生まれてからいつもモノと関わり合いながら生きている。だからこそ、モノは私たち人間にとってもっとも身近な存在であり、非常に重要な意味をもっている」とのダネーゼ氏の言葉に集約されています。この哲学に形を与えたのが、ブルーノ・ムナーリやエンツォ・マリに代表されるアーティストたちです。DANESEの商品はこのようなアーティストによる素材と美の探求と、それを精巧に形にする職人の技術、ダネーゼ夫妻による“長く使い続けられる良品を”という消費者としての対話が生み出したという点で、企業とインダストリアルデザイン、アーティスト、消費者がつながった希有な成功例の賜物でもあるのです。

このように理想高く活動を続けたDaneseですが、時代は大量生産・大量消費へと向かい、「長く使い続けられる良品を」という、DANESEの生産スタイルは消費のサイクルから徐々にかみ合わなくなっていき、1991年、ダネーゼ夫妻によるDANESEのショップは惜しまれつつも、閉鎖されてしまいました。

そして、10年後。アートディレクターにカルロッタ・デ・ベビラックァが就き、2001年のミラノ・サローネで、再び、Daneseはニュープロダクツを発表しました。そこには、エンツォ・マリを始め、ジェームズ・アーヴィン、パオロ・リツァットといった、世代を超えたデザイナーが名を連ねています。

DANESEはダネーゼ夫妻のフィロソフィーを受け継ぎつつ、新しい時代の風を吹き込むことで、再び復活したのです。

【DANESE公式HP】 http://www.danesemilano.com/







ブックマークに追加する
スポンサーサイト
[ 2007/12/14 00:26 ] STATIONERY | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crownarchitect.blog121.fc2.com/tb.php/76-64ccf983




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。