スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Gedenkstaette und Museum Sachsenhausen / ザクセンハウゼン強制収容所

Gedenkstaette und Museum Sachsenhausen
germany
Gedenkstaette und Museum Sachsenhausen
「労働は自由をもたらす」
この言葉は旧東ドイツでも盛んに使用された・・。全体主義と共産主義が変わらなかった時代を代表する言葉でもあります。

ベルリンの北約30kmの町、オラニエンブルクにある。1936年に建てられ、1945年までに10万人以上のユダヤ人が犠牲になった。広大な敷地の入口の門には、「働けば自由になる」の文字がある。強制労働をさせられた棟、ナチスの生体実験室などが残され、付属の博物館とともに見学できる。

Gedenkstaette und Museum Sachsenhausen

この収容所正門は数ある収容所の中で最も重厚で立派な作りの建築。収容所総司令部としての風格があります・・

Gedenkstaette und Museum Sachsenhausen

収容所への途上にある「死の行進」記念碑。。囚人たちが収容所の外に出ても自由であり得なかったし、収容所外でも凄惨な迫害を受けたということを如実に示している・・

Gedenkstaette und Museum Sachsenhausen

収容所構内のバラック跡です。囚人たちはこのような寒々しい宿舎でつかの間の休息をとり、いつ果てることのない重労働に向かわされたという。

Gedenkstaette und Museum Sachsenhausen

収容所構内の記念碑。この赤色の逆三角形は、囚人の出自が政治犯であることを示す識別であります。この収容所が大虐殺地であるというより、刑務所に近い機能を持っていたことを示している。

歴史を肌で感じることのできる場所です・・

■住所: Strasse der Nationen 22 D-16515
■交通アクセス: [S]1でフリードリヒシュトラーセ駅から所要約45分の終点Oranienburgで下車。要所に掲示されているSachsenhausenの看板に従って徒歩20分、または804番のバスでGedenkstatte下車(1時間に1本程度の運行)
■TEL: (03301)200200
■開館時間: 4~9月 8:30~18:00
10~3月 8:30~16:30
資料館は火~金 9:00~16:30
※入場は閉館30分前まで。
■定休日: 12/24・25、12/31、1/1
■料金: 無料

※一部、ザクセンハウゼン強制収容所より抜粋させていただいております

スポンサーサイト
[ 2007/12/02 23:24 ] HISTORY | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crownarchitect.blog121.fc2.com/tb.php/61-c904d527




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。