スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SX-70

SX-70

名機ですね。。
実用機、インテリアとして・・・

1972年に生まれたSX-70は、折りたたみ式の一眼レフカメラという画期的なプロダクトデザインと、数十秒で現像する写真の仕上がりの良さは、当時から30年以上経った現在も、人々を驚かせています。

SX-70


この初期型のモデルは、見た目にはほとんどわかりませんが、実はピントを合わせるファインダーに3度の変更がありました。また、表面の茶革においても質の善し悪しがあるようです。ちなみに、銀色のステンレス鋼に見える部分は、クロムメッキを施したプラスチックです。かなり厚く施されているので、見た目や重さの質感からほとんどわかりません。    

■主な仕様
製品名 : SX-70 FIRSTMODEL(ORIGINAL)
発売年 : 1972 - 1977
価格(発売当時) : 180ドル
寸法 : 折り畳み時:2.5cm×17.5cm×10cm
基本性能 : ・4枚構成116mm F8光学ガラスレンズ
・26cmの接写から無限遠までの撮影範囲
・14秒~1/180秒までの無段階電子シャッター
・自動露出(AE)機構内蔵
・日中シンクロ可能
・明暗コントロール付き
・バッテリー不要(バッテリーはフィルムパックに内蔵)
・外付けフラッシュ及びレリーズ用ソケット装備
SX-70 FOREVERより一部抜粋

SX-70 は、写真をその場で面倒な作業なしに見られる、ネガポジ一体式モノシートタイプのフィルムを初めて使用したポラロイドカメラです。開発中コードネーム“アラジン"と呼ばれたという。

SX-70


1974 年の 1st モデル以降、 1985 年まで進化を続けながら、さまざまな仕様のモデルが発売された。すでに製造が中止されているため、現在は中古専門店やインテリア・デザイン系のショップで入手するしか手はありません。

オートフォーカスモデルや廉価版モデルも登場する。ちなみにデザインがそっくりの現行のポラロイド 690 は、 SX - 70 にインスパイアされた、まったく別のカメラである。

実用性もありSX-70独特な雰囲気がフィルムに出て現在でもファンが多いのは頷けます。デジカメもいいですが、たまにはこんなもので撮ってみるのもいいですよ。。






ブックマークに追加する
スポンサーサイト
[ 2007/11/29 23:48 ] INTERIOR | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crownarchitect.blog121.fc2.com/tb.php/57-4deae9f4




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。