スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Aladdin Blue Flame Heater

Aladdin Blue Flame Heater

冬本番になりそうですね。。
最近の東京はホントに朝方冷え込みますね・・。

そんな季節には「Aladdin Blue Flame Heater」がいいですねw。
約70年前、英国人がつくりあげたブルーフレーム。発売以来、基本的なモデルチェンジのない完成されたフォルムと性能が気に入っております。

アラジンブルーフレームの歩み

1930年代の始め、米国アラジン社と英国の企業家ジャック・インバー氏との間に合弁会社英国アラジン社が設立され当時の米国アラジン社は、青炎式バーナーを使った優秀な石油ランプを製造しており、米国はもちろん、広くヨーロッパ各国に輸出していました。

英国アラジン社構想は、このランプを英国で製造し、ヨーロッパのみでなく、全ユーラシア大陸に販売するというものでしたが、この構想が軌道にのると同時に、英国アラジン社のジャック・インバー社長は、もしこのすばらしい性能の青炎バーナーを暖房器具に使えば画期的な石油ストーブができるのではないかと考えるようになり、さっそくその商品開発のためのインバー・リサーチ社を設立し、ブルーフレーム石油ストーブの研究開発に着手しました。長期の研究、開発のすえ完成したのが現在のアラジンブルーフレームの原型となったI.R.です。 

I.R.とはINBER RESEARCH社の頭文字です。このI.R.ブランドのブルーフレームも日本に相当輸入されています。この石油ストーブに絶対の自信をもったジャック・インバー社長は、インバーリサーチ社を英国アラジン社に合併させアラジンランプの広い販路にのせて世界的な拡販をはかるため、著名ブランドのアラジンをこの商品名につけ、アラジンブルーフレームとしました。

英国アラジン社の創立が米英両国企業の合併会社であったように、アラジン社の基本的な姿勢は、販路の確立した国や地域で、現地の優秀メーカーと手を組み、協力して会社をおこし、現地生産をして船賃などの余計な経費を省いた価格で販売することにあるのです。そのあらわれが、フランスアラジン社、オーストラリアアラジン社、メキシコアラジン社、イランアラジン社そしてディック家庭機器株式会社(旧日本アラジン社)であるわけです。

※一部<信頼の青い炎アラジン ブルーフレームヒーターAladdin Blue Flame Heater>より抜粋させていただいております。

Aladdin Blue Flame Heater


火を燈すことに意味があり、それを楽しんでこそ本来の良さが伝わってくるを思ってます。インテリアとしても最適なので気に入っています。。

さまざまなモデルがあり、ご興味のある方は下記サイトなど参考になります。

【化石燃料礼賛】http://www.geocities.co.jp/MotorCity/5556/index.html

これからも大切にしていきたいアイテムです。。

スポンサーサイト
[ 2007/11/17 18:46 ] INTERIOR | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crownarchitect.blog121.fc2.com/tb.php/43-0ef03c90




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。