スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CHANEL

CHANEL


愛用の香水。。
ワタシが以前から使用させて頂いているのは「EGOISTE PLATINUM」です。香りを言葉で表すのは大変難しいのですが・・

「地中海の輝きとその風をイメージした、躍動感あふれる香り。」
「知性がキラッと光り、さりげない色香を漂わせる大人の香り。」

といった感じでしょうか。。この香りはつける人によってさまざまな香りに変化しますね。。
どの香水でもそうだと思いますが、その人に合ったものがいいと思ってます。
ワタシはやっぱりコレかな・・・。

CHANEL


いつもほんのりと香らせるよう心がけ、嫌みのない程度にしてます。。
度が過ぎると下品になってしまいますので・・w。

CHANELと言えばこの人!!

CHANEL


バイタリティ溢れるキャラクターでおなじみの「Coco Chanel」様。。
簡単な略歴はWikipediaより抜粋させていただきましょう。。

1910年 - パリのカルボン通り21番地に「シャネル・モード」という帽子専門店を開店したのが始まり。 1913年 - リゾート地ドーヴィルに第1号のモードブティックを開店。

1915年 - ビアリッツに「メゾン・ド・クチュール」をオープンして、ココはオートクチュールのデザイナーとして本格的にデビューする。 1916年 - 第1回シャネル・オートクチュール・コレクションを発表。安くシンプルで着心地がよく、無駄のない、ジャージー素材を取り入れたドレスが話題となる。 1921年 - 本店をカンボン通り31番地に移転。

シャネル初の香水「No.5」を発表。 脂肪族アルデハイドを大胆に使用した香調で話題となる。「No.5」は試作品番号。その後も、喪服でしか使われなかった黒い服を「リトル・ブラック・ドレス」として発表したり、 ツイード素材のスーツを発表して話題となる。 1939年 - 第二次世界大戦の勃発とともに、香水とアクセサリーのブティック以外の全店を閉鎖する。

1944年 - ココがナチス・ドイツによるフランス占領中を通じドイツ軍将校と愛人関係にあったため、連合軍によるフランス解放とともにスイスへの逃亡を余儀なくされる。 1954年 - 閉鎖店舗が復活。カンボン通りの店を再開し、オートクチュール・コレクションも復活させる。

1970年 - 香水「No.19」を発表。 1971年 - 住居としていたホテル・リッツで、ココ・シャネル死去。その後、カール・ラガーフェルドがデザイナーに就任。ココのスタイルを守りながら、時代の空気を取り入れた新しいシャネルを提案し、ブランドとしての再興を果たす。 1994年 - シャネルブティック本店(銀座並木通り)を開店。

1996年 - 開店当時日本最大店舗として大阪・心斎橋店を開店。 2001年 - 日本最大の売り場面積を誇る東京・表参道店を開店。 2004年 - 12月、銀座3丁目に銀座シャネルビル・旗艦店を開店。

CHANELはやっぱりパリの店舗で購入するのがいいですね。。
そんな生活に憧れております・・。

とても美しい店舗です。。

CHANEL


CHANEL公式HP】 http://www.chanel.com/

他にもCHANELで気になるアイテムがありますが、今回はCOSMEカテゴリ第一弾として香水を紹介させていただきました。。

ちょっと気が早いですがCHANELのクリスマスデコレーションは素敵ですのでおすすめです。。ディスプレイにも大変気合が入っております。今年のクリスマスがたのしみであります。






ブックマークに追加する
スポンサーサイト
[ 2007/11/15 23:45 ] COSME | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crownarchitect.blog121.fc2.com/tb.php/41-cc47e38a




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。