スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

RONSON/ロンソン

RONSON

歴史を感じます。。
ワタシが愛するRONSONのご紹介。
一度は、愛用された方も多いロンソンですが意外と歴史を知らない方も多いと思います。

コレは、 RONSON TRADEMARK MADE IN ENGLAND BRITISH PAT NO. 6215**
RONSON


製造は1950年代の代物です。。
とても綺麗な彫刻がされております。ロンソンならではといって良いでしょう。

RONSON


ロンソンのブランドネームは、創業者であるアロンソンに由来しています。 彼は12歳で二ユーヨーク・テクニカル・スクールに入学し在学中に考案した金めっきに関する技術的権利を売却して得た5,000ドルを元手に16歳でビジネスを始めました。

そして1895年、アートメタルワークスという金属芸術の会社をニューヨークに設立、その1年後に拠点をニュージャージー州の二ューアークに移し現在のロンソン社の基礎を確立しました。 1920年から1930年代にかけて、アロンソンはまさに芸術的といわれるテーブルライターの傑作を数多く製作し、世に送り出します。

また1910年に発表した初めてのポケット・ライター「ワンダー」を皮切りにして、バンジョー、スタンダード、ホイールウィンド等の、ロンソンの名前を不減のものにした名作を後世に残しました。

広告もステキでなんです。。

RONSON


歴史を感じながら、ぜひ使用していただきたいです。
耐久性も抜群なのでオススメですね。

他にも種類が豊富なのできっとお気に入りの一品が見つかると思います。。

1940年のアロンソンの死後も、被の意志は優れた後継者たちに引き継がれ、常にチャレンジ・スビリッツに裏打ちされたイノベーションの精神で現在も物作りに取り組み、時代の最先端で本物を人々に送り続けています。

日本では1989年からライセンス生産によるアイテムが市場に流通するようになり、かつての喫煙具のブランド・イメージを脱却し、総合的紳士のファッションブランドへと成長していきました。 1995年には100周年という大きな節目を越えて、さらに21世紀に向けての新たな桃戦を始めています。

これからも世界中で愛用され続けるでしょう・・。






【関連記事】
SX-70
Monstera deliciosa / モンステラ
De' Longhi / デロンギ
Aladdin Blue Flame Heater
LC2のご紹介。。Le Corbusier(ル・コルビジェ)Cassina(カッシーナ)製。
++++STARCK EYES(alain mikli&PHILIPPE STARCK)スタルクアイズ++++
スポンサーサイト
[ 2007/11/06 00:53 ] FASHION | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crownarchitect.blog121.fc2.com/tb.php/34-14af2e6c




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。