スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

++++STARCK EYES(alain mikli&PHILIPPE STARCK)スタルクアイズ++++

STARCK EYES001

愛用してます。。
心地よい眼鏡です・・・。

出会いは、約5年前の某ショップにて一目惚れし即購入。
皆さんご存知の方も多い「STARCK EYES(スタルクアイズ)」でございます。alain mikli&PHILIPPE STARCKとのコラボ商品で有名ですね。今では、種類も豊富で当時は数種類しかありませんでした・・。相当愛用しております。ワタクシの場合は、いつも掛けている訳ではなくPCに向かっている時&自宅用で使用してますが。。

この眼鏡はスタイルはもちろんの事、機能性にも大変優れております。
それは、コレ
STARCK EYES003

スタルクアイズの全てのモデルに採用された独自のスプリングヒンジ
人間工学を応用し、人間の肩の関節をモデルに開発されたヒンジが全モデルに使用されている。このヒンジの開発には約3,000時間が費やされているそうです。このヒンジの凄いところはテンプルが左右に曲がるのはもちろん、上下にも可動する。要は、360度動きます。彼らが考え出した新しいコンセプトは「1,000年先を見据えてデザインしたもの」であり、彼らのクリエイティヴィティ、才能が結びつき見事にカタチとなったクランクです。

ご説明が遅くなりましたが・・・

Philippe Starck フィリップ・スタルク(1949~)
フランス・パリ生で生まれる。パリの装飾美術学校で学んび、ピエール・カルダンのメゾンに入社して家具デザインを担当。1980年アメリカで、スタルク・プロダクト社設立。
スタルクは、インテリアを中心にあらゆる分野のデザイン活動を網羅しつつ、建築家としても活動しております。常に世界で最も注目され、活躍するデザイナーの一人でしょう。
数々のブランドとのコラボレートでも有名なスタルクはアランミクリというアイウェア界の頂点に君臨するスーパーブランドとのダブルネームでもそのデザインセンスの良さを遺憾なく発揮する。

・・といった感じでしょう。。

とにかく、この眼鏡は本当に好きですね。弱点が一つだけありますが・・・
触れたことがない方は、一度手にとってみてください。当時、ワタシは感動しました。。

【アランミクリ公式HP】 http://www.mikli.jp/mikli.html
【フィリップスタルク公式HP】 http://www.philippe-starck.com/






【参照サイト】
「That's」で「STARCK EYES(スタルクアイズ)」を探す
「Wikipedia」でフィリップ・スタルク(Philippe Starck)を参照

【関連記事】
John Smedley / ジョン・スメドレー
MONCLER ROD / モンクレール ロッド
DOLCE & GABBANA(ドルチェ・ガッバーナ)のサイドゴアブーツ
BUTTERO(ブッテロ)のミニボストン。。
MARCO TAGLIAFERRI(マルコタファエリ)のレザーバッグ。。




スポンサーサイト
[ 2007/10/25 07:00 ] FASHION | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crownarchitect.blog121.fc2.com/tb.php/29-3a72ac79




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。