スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DRAKE'S(ドレイクス)のへリンボーンマフラー

Drake's001

やっぱり・・・。。
英国と言えばこれも外せません。。
今年は、DRAKE'S(ドレイクス)」のへリンボーンマフラーを
セレクトしたいと考えておりますw。

Drake's002


デザイナーのマイケル・J・ドレイクは、アクアスキュータム社がまだレインコートしかない頃に入社。デザイナーとしてアクセサリー、小物類のコレクションの企画、製作に携わったそうです。

1977年、マイケル・J・ドレイクとジェレミー・キャリントン・ハルは二人で「DRAKE'S」ブランドをスタートさせ会社設立をしました。経営はキャリントン・ハル、デザイナーはもちろんマイケル・J・ドレイク。その際、マフラーのコレクションを発表しました。

1979年に展示会SEMEで発表した初コレクションは小規模でメンズのみ。素材をカシミヤに絞り、チェックやストライプの美しいスカーフとマフラーで大きな反響を呼びました。ドレイクのデザインは英国の伝統に固執したものではなく、トラッドの殻を脱したファッショナブルなものでした。

その後、1981年ドレイクスのマフラーは、エトロ、ポール・スチュアートなどの一流ブランド とも並び称されるようになり、英バーバリー、仏エルメス、伊エトロや米バーニーズ、日ビームスなどにもタイやマフラーをOEM供給し、設立わずか10年の85年には英国企業の最高の名誉である「クイーンズ・アワード」を受賞。

現在でも最高級の素材とお洒落なデザインセンスが受け入れられ、マフラー好きからも一目置かれるブランドなのでしょう!!

【Drake's(ドレイクス)公式HP】 http://www.watanabe-int.co.jp/drakes/

その高い品質・肌触りの良さを感じさせるブランドである。。
この秋、冬のマストアイテムとしてセレクトしたいですね。







【関連記事】
John Smedley / ジョン・スメドレー
MONCLER ROD / モンクレール ロッド
Welcome to Tiffany & Co.
whitehouse cox/ホワイトハウスコックス
Gloverall/グローバーオール



スポンサーサイト
[ 2007/10/22 23:38 ] FASHION | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crownarchitect.blog121.fc2.com/tb.php/23-f3d40cdb




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。