スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TELEVISION+BEOVISION=DAVID LEWIS(デビッド・ルイス)Bang & Olufsen(バング&オルフセン)B&O

B&O_006

TELEVISION
Beovision 3500 (with Henning Moldenhawer)1974-77

今回はテレビということで、こちらをご紹介させて頂きます。
DAVID LEWIS(デビッド・ルイス)」デザインの「BEOVISION」シリーズ。。

日本ではあまり馴染みない「Bang & Olufsen(バング&オルフセン)」のテレビですが、結構歴史が古く、好きな方も多いのではないかと思います・・・。

これは、DAVID LEWISデザインの初期のもの。

B&O_005

Beovision 600 (with Henning Moldenhawer) 1970-73

「DAVID LEWIS」は1939年ロンドン生まれで1960年にセントラル・スクール・オブ・
アート・アンド・デザイン、ロンドンを卒業後。その後、デンマークに移住しプロダクト
デザイナーとして、プロ用マリン用品、デンタル機器、家庭用品などを手掛けている。

【DAVID LEWIS公式HP】 http://www.davidlewisdesigners.com/

作品を眺めていると、当時から直線と曲線を絶妙なバランスで仕上げている。
そのシンプルで無機質なスタイルは、時代が変わっても愛されるものでしょう。

そんな彼は、Bang & Olufsenのデザイナーとして、又フリーランスで活動を
している様です。もちろんB&Oと言えば、ヤコブ・イェンセン (Jacob Jensen)ですが
近年では「DAVID LEWIS」が中心でしょう。。

【Bang & Olufsen 公式HP】 http://www.bang-olufsen.com/page.asp
【Bang & Olufsen Japan 公式HP】 http://www.bang-olufsen.com/japan/

最近では、日本のテレビ市場にも影響を与えています。。

B&O_001


いいですね。このフォルム。。
さすが、「BEOVISION」シリーズといったところ。モジュール式プラズマテレビで
反射防止が施されたコントラストスクリーンをアルミニウムフレームで覆っています。
B&O_004
BeoVision 4

サイズは、65インチと 50インチの2サイズが用意されています。
やっぱり、シンプルが一番ですねw。。他にも「BEOVISION」シリーズがオーディオと
セットであったり様々なセレクトができるのも魅力です!!
価格は、高めですがこのスタイルは外せないものでしょう。

また、B&Oを語る上で非公式ながら興味深いサイトがありますので、お好きな方はどうぞ。

 ■Beoworld :http://www.beoworld.org/
 ■www.struerkort.dk:http://www.struerkort.dk/struerbilleder.htm
 ■Thogersen :http://www.thogersen.dk/
 ■Beocentral :http://www.beocentral.com/

これからもB&Oは要チェックです。。
そしてDAVID LEWISの今後が楽しみであります。



個人的にこのサイトも好きです。 
■Television History - The First 75 Years: http://www.tvhistory.tv/


【関連記事】
B&B ITALIA / Antonio Citterio
DANESE / ダネーゼ / ENZO MARI
Apple(アップル) / iPhone / Jonathan Ive CBE
ROTRING(ロットリング)エクステンション・ハイライト
サンスペル / SUNSPEL / カットソー
GENDER / ジェンダー

スポンサーサイト
[ 2007/10/20 23:01 ] PRODUCT DESIGN | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crownarchitect.blog121.fc2.com/tb.php/18-0f75bf0b




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。