スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Godfather「ゴッドファーザー」!!!!!!!

The Godfather_002

The Godfather!!!!

ワタシのランキングに入っている作品。
ゴッドファーザー / The Godfather」です。マフィア映画の中で一番好きです。。

ご存知の方も多いとは思いますが、この作品はアメリカの作家、マリオ・プーゾが、
1969年に発表した小説を映画化したものです。

The Godfather_004

~STORY~ ※以下、all cinema onlineより抜粋
言わずと知れたコッポラの代表作であると同時に、70年代屈指の娯楽映画の傑作。
夏の陽射しが眩しいコルレオーネの屋敷。そこで行われている彼の娘コニーの結婚式から
この物語の幕は上がる。華やかな音楽も届かない書斎では、ブラインドが降ろされ、
その中でドン・ビトー・コルレオーネが友人たちの頼みごとを聞いていた。

彼は相手が貧しく微力であっても助けを求めてくれば、親身になってどんな問題でも
解決してやっていた。彼への報酬と言えば、ささやかな友情の証と、“ドン”あるいは
ゴッドファーザー”という尊称だけ。そしていつなりとも彼の呼び出しに応じ、恩を返せば
よかった。これが彼らの世界であり、その掟であった。そんなある日、麻薬を商売に
している危険な男ソロッツォが仕事の話を持ちかけてきた。政界や警察に顔のきく
コルレオーネのコネを必要とした判断からだった。

しかしドンはその話を丁重に断る。彼はドンさえ殺せばこの取り引きは成功すると
鋭く見てとり、その日以来機会を狙っていた。そして早い冬の夕暮れ、一族の経営
しているオリーブ・オイル社から出てきたドンは、街頭でソロッツォの手下に襲われた。

銃弾を何発もうけたが、強靱な彼は一命をとりとめる。これは、ドンが築いてきた強大な
コルレオーネ帝国とその支配力に対する初めての挑戦だった。

ソロッツォの背後にはタッタリア・ファミリーがあり、すでにニューヨークの他のファミリーも
動きだした。こうして1947年の戦いは始まってゆく……。

 冒頭の圧倒的な実在感で繰り広げられる結婚式のシーン、映画のプロデューサーを
脅す為に彼の愛馬の首がベッドから現れるショッキングなシーン、ビトーが果物屋の
店先で撃たれるシーン、マイケルが深夜に重体の父が入院中の病院を見舞って警察と
グルになった対抗組織の襲撃計画を間一髪でかわすスリリング、マイケルがレストランで
対抗組織のボスとそれと結ぶ警部を射殺するまでのくだり、ソニーが有料道路の料金所で
蜂の巣になる壮絶なシーン、ラスト近くの洗礼と殺戮の見事なカットバック、緻密な
人間描写、そして重厚な人間関係……等々この映画の魅力は語っても語り尽くせない。

この映画が製作されたのは70年代だが、PARTIIと併せ、今に至ってもこれを
越えるギャング映画はまだない。。

The Godfather_003


とこんな感じではありますが、ワタシ個人としては時代背景がうまく作品に出ていると
思ってます。特にファッション、車、インテリアにしても当時を忠実に表現してます。
またイタリア系移民一族の、栄光と悲劇を描いてる作品でもあります。

俳優ではやはりマーロンブランドアル・パチーノでしょう!!
アルパチーノはこの作品で地位を確立させた感じですね。。

そんなゴッドファーザー好きの、ワタシのコレクションをご紹介。。
お好きな方は、既にお持ちでしょうが・・・

The Godfather_005

中身はこんな内容となっております。。

The Godfather_00


長くなりましたが、The Godfather「ゴッドファーザー」を観てない方は必ず観ましょう。。
何年か前に(多分2004年)、劇場でデジタル・リマスターでパート~をやっていたの
ですが見逃してしまったので・・・ またやってほしいなと思ってます。。

映画の画像など見たい方はこちらをご覧下さい http://www.imdb.com/title/tt0068646/

また、ワタシの好きな映画をご紹介させていただきます。。



【参照サイト】
「Wikipedia」でマリオ・プーゾ(Mario Puzo)を参照

【関連記事】
『愛と青春の旅だち』(An Officer and a Gentleman) / リチャード・ギア
バグジー(Bugsy) / ベンジャミン・シーゲル(Benjamin Siegel)
『ミザリー』(Misery) / スティーヴン・キング
『ショーシャンクの空に』 (The Shawshank Redemption)
『タクシードライバー』(Taxi Driver) / マーティン・スコセッシ
『パルプ・フィクション』(Pulp Fiction) / 
HOME ALONE / ホーム・アローン
A Bronx Tale  / ブロンクス物語




スポンサーサイト
[ 2007/10/17 23:04 ] CINEMA | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crownarchitect.blog121.fc2.com/tb.php/15-a09785dd




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。