スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エアロガーデン(AeroGarden)が今になって日本で・・・ 種をまくだけとは?

AeroGarden

通常よりも2倍の速度で育ちます。。
待ちに待ったと言うべきアイテムのご紹介。。
と「新商品」をご紹介したいところだが、実は2006年にアメリカで大流行のもの・・・
今、日本では再ブームになりつつある。

家から一歩も外に出ずに、本格的にガーデニングを。。想像してみてください。もしも、あなたのおウチのほんの限られたスペースで、様々な野菜やお花を本格的に栽培することができるとしたら・・・・
エアロガーデンは、それを可能にしてくれるガーデニングセットです。難しいガーデニングの知識も、土も、農薬も要りません。必要なのは2週間に一度、水と栄養剤を足すだけ。後は、あなたの心のこもったお手入れさえあれば、季節を問わずに、お気に入りの野菜やお花がすくすくと成長するのです。(ショップジャパンより)

AeroGarden



それでは、早速こちらの動画を観てほしい。。凄いです・・・



実際にシェフエアロガーデンを活用している動画



初心者にとっては特に、野菜やハーブを育てて食べられるまでに成長させることは、容易ではない。(以下、「温井ちまきのアメリカン・レポート」より)

 そんな人のために登場したのが、「エアロガーデン(AeroGarden)」($149.00)だ。この商品は、言ってみれば卓上水気耕栽培キットである。水、肥料、太陽光だけで植物を育てる水気耕栽培(エアロポニック)自体は日本でも頻繁に行われているので、もしかしたら似たような家庭用の栽培キットを見かけたことがあるかもしれない。が、エアロガーデンは一味違う。植物の栽培に絶対必要な、「太陽」がなくてもOKなのだから。

AeroGarden


 エアロガーデンには、コンパクトなハウジング・ユニット、種セット、肥料タブレット、そしてグローライト(電球)、レシピなどがセットされている。使い方は簡単。ハウジング・ユニットに規定量の水を入れ、種セット(種は1種類ずつ小さな容器の中に入っている)をそれぞれユニットのくぼみに嵌(は)めこむ。肥料タブレットを1粒入れて、あとは、栽培する野菜の種類にあった栽培条件ボタンを押すだけだ。ハウジング・ユニットの上部に取り付けられたグローライトからは、擬似太陽光が照らされる。水気耕栽培をするときでも、日当たりの良い場所で行うことはこれまで絶対条件だったが、エアロガーデンでは太陽が要らない。グローライトが自動的にオン/オフして昼夜を調節する。水はハウジング・ユニットの中で自動的に循環する。収穫時期は栽培するものによるが、レタスやバジルは約3週間、ハーブ類は約6週間、4~6カ月にわたって収穫が可能だという。

 ハウジング・ユニットはホワイト/ブラックから色が選べる。デザインはシンプルで、キッチン用の小型電気機器とうまく調和し、インテリアとしてもなかなか。また、背の高くなる野菜も育てられるよう、高さ約35㎝から上部ユニットは約56㎝まで伸ばすことが可能だ。種セットは「チェリートマト」「チリペッパー」「グルメ・ハーブ」「インターナショナル・バジル」「サラダ・グリーンズ」の5種類(いずれも$19.50)。

 エアロガーデンなら、キッチンのカウンタートップや陽の差さないデッドスペースで、新鮮で美味しい野菜を手間要らずで育てられる。さらに、緑が常にキッチンを華やかに彩ってくれるというオマケもついてくる。

 このイージーさは、もしかしたらガーデニングや家庭菜園をする人々の“正道”にもとるものかもしれない。でも、とにかく簡単に楽しめるのがこの製品の良いところ。今までに何度も植物をダメにしたことのあるガーデニング下手や、初めて何かを育ててみたい初心者には重宝されそうだ。

 エアロガーデンを販売しているのは、アッパークラス・ファミリーに喜ばれるユニークな商品を提供しているフロントゲート社(Frontgate)だ。海外への商品発送も可能だそうだが、この製品を注文する際には、カスタマー・サービスで再チェックされることをオススメする。


【エアロガーデン|気になるショップジャパンでのセット内容は??】
●セット内容/
エアロガーデン本体×1、専用ランプ 2本付属、クイックスタートガイド、グルメハーブ育て方ガイド、グルメハーブ 種セット×1
種:香菜、チャイブ、イタリアンバジル、紫バジル、ディル、ミント、パセリ 各1、栄養剤ボックス×1、ドーム×7
●色はホワイトかブラックを選択できる
●サイズ/エアロガーデン本体 幅約47×高さ最大約54.5×奥行き約27cm
●重さ/エアロガーデン本体 約3.8kg
●エアロガーデン 中国製/種(グルメハーブ) アメリカ製
●送料/945円(税込)


【参照サイト】
エアロガーデン(AeroGarden)公式HP(英語)
エアロガーデンを「ショップジャパン」で参照
※日本での販売権を独占しております。購入もできます。
エアロガーデンの栽培日記を観るYasu's Diary in Boston: PLANTS

【関連記事】
『愛と青春の旅だち』(An Officer and a Gentleman) / リチャード・ギア
バグジー(Bugsy) / ベンジャミン・シーゲル(Benjamin Siegel)
『ミザリー』(Misery) / スティーヴン・キング
『ショーシャンクの空に』 (The Shawshank Redemption)
『タクシードライバー』(Taxi Driver) / マーティン・スコセッシ
スポンサーサイト
[ 2008/01/08 01:33 ] GADGET | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crownarchitect.blog121.fc2.com/tb.php/115-207dda5e




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。