スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 (Back to the Future)

Back to the Future

デロリアン。。
マイケル・J・フォックスがとても素敵ですね。。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 (Back to the Future) は、1985年のアメリカ映画。SF映画。略して『BTTF』『BTF』『バクトゥ』とも呼ばれる。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの一作目で、続編に『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』(1989年)、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』(1990年)がある。

公開当時全米に『フューチャー現象』と呼ばれるほどの大ヒットを飛ばした。第一作は日本での評価が目立って高く、どの映画レビューサイトでも必ずと言っても良いほど1位にランクインされている。

また、本作は後の実写タイムトラベルSF作品に一定の方向性を示し、現在においてもタイムマシン映画の代名詞としてパロディやオマージュ作品が数多く製作されている。

Back to the Future


1985年。カリフォルニア州の町、ヒルバレーに住む、ロック好きの高校生マーティ・マクフライは、深夜のショッピングモール「ツイン・パインズ・モール」の駐車場で、親友である科学者エメット・ブラウン博士(通称ドク)が開発したタイムマシン実験を手伝う。その時、ドクが燃料のプルトニウム獲得のために騙したリビアの過激派が現れ、ドクは機関銃で撃ち殺されてしまう。過激派から逃げるマーティはタイムマシン・デロリアンに乗り込みカーチェイスの末、30年前の1955年にタイムスリップしてしまう。


Back to the Future


1955年のヒルバレーにタイムスリップしてしまったマーティは再び元の時代へ戻ろうとするも、燃料切れで帰れなくなってしまう。燃料のプルトニウムを手に入れるべく、まず、若きドクを探す。しかし、1955年のヒルバレーを訪れたマーティは、途中自分の両親に出会ってしまい、以前より母親から散々聞かされていた父親との出会いのきっかけを邪魔しただけでなく、更に若い頃の母親に一目惚れされてしまう。

なんとかドクを発見したマーティは状況を説明し、デロリアンを修理して未来へ帰る為、ドクにタイムマシンの実験を撮影したビデオを見せる。しかしドクは、タイムマシンを稼動させるプルトニウムなど手に入らない、そのような膨大なエネルギーは雷でも利用しない限り無理だ、と言う。愕然とするマーティ。

その時、ポケットにある紙切れに気付く。1985年の昼間受け取った、落雷によって故障した時計台の修理費用の寄付を募るチラシであった。故障した日時はちょうど1週間後の夜10時4分、この落雷を利用するしかない。

未来へ帰る目処は立ったものの、マーティが両親に出会ってしまった為に歴史を変えてしまい、このままでは自分が消えてしまうと知る。マーティは、自分の存在を確実にするため両親をくっつける為に奮闘する事になってしまうのだった。

一方、別の問題もあった。過激派に撃たれてしまうドクを助ける為、1955年のドクにその事実を伝えようとするが、当のドク本人は未来を知って歴史を変えるのは危険だとして聞くのを頑なに拒んでいた。

落雷のタイムリミットが迫る中、なんとか母ロレインと父ジョージをくっつけたマーティは、時計台へ落ちる雷を利用して1985年へ戻ろうとするが、未来の事実を書いたドク宛ての手紙がドク自身に発見されてしまい、破かれてしまう。

タイムマシンを利用し元の時間より少し早く1985年へ帰って来たマーティは、ドクに事実を伝えて警告しようとするが、デロリアンが故障してエンジンがかからない。そうこうしているうちに過激派がショッピングモールの駐車場へ到着してしまい、マーティの目の前で悲劇は繰り返されてしまった。

横たわるドクの傍らで力なく咽び泣くマーティだったが、突如ドクが起き上がる。驚くマーティに、ドクは防弾チョッキと、テープで修復した手紙を見せるのだった。

改めて時間旅行に出かけるドクを見送り、家へ戻ったマーティは、状況が少し変化しているのに気付く。マーティの介入で、弱虫だった父のジョージは自分に自信を持ち、立派な小説家になっていたのだ。恋人ジェニファーとの仲を認めなかった堅物の母も、二人の仲を認めていた。

買ってもらった車に乗って、ジェニファーとドライブへ行こうとするマーティだっだが、そこにデロリアンに乗ったドクが現われる。ドクはマーティらの未来の子供が窮地に陥っていると告げる。しぶしぶ従うマーティとジェニファーを乗せ、デロリアンは未来へと消えて行った。

この時代の映画は「夢」がありますよね。。今の映画には・・・



【参照サイト】
バック・トゥ・ザ・フューチャー(ファンサイト) 日本語サイト
BTTF RISER's ROOM(ファンサイト)
BACK TO THE FUTURE アメリカのDVD公式サイト
BTTF.com アメリカの巨大サイト
Looking Back At The Future 公式サイト
Box Office Mojo



スポンサーサイト
[ 2008/01/05 23:47 ] CINEMA | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crownarchitect.blog121.fc2.com/tb.php/110-e9b0a522




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。